ベビーヨガについて

 

人間の成長にとって、特に3歳くらいまで最も重要な時期と言われています。
赤ちゃんは生まれてから3か月が、体が一番大きく成長する時期でもあり、
脳の発達は生後半年がピーク、その後3歳までにほぼ形成されます。

 

だからこの時期にベビーヨガ!

 
赤ちゃんが一番大切な人と行う密なコミュニケーション♡

親から受ける愛情豊かなスキンシップにより心・身体がバランスよく発達していくからです。

 
ベビーヨガとは、自分で歩いたり運動ができない赤ちゃんに、ヨガの動きをしてあげることで

心と体の発達を促します。
ヨガを行ってあげることで、寝つき、夜泣きの改善、便通なども良くなります。
合わせて、バランス感覚や空間認識感覚を刺激することができます。
 
さらに、一番大好きなママが与えてくれるヨガで、赤ちゃんは心と体をリラックスできるのです。
心身を柔軟にすることは、良い姿勢を作る土台ともなり、健やかな成長を促します。
 

 
ベビーヨガを行うことで、ママは赤ちゃんの調子や成長を常に感じ取れ、絆が深まっていきます。
 さらにママヨガの呼吸やポーズは、育児の肩コリ、腰痛の軽減、産後の骨盤調整にも効果的です。

 

親子のスキンシップから生まれる深い絆・信頼関係は親の子育てに対する自信へとつながるでしょう。
 赤ちゃんと一緒にヨガを行い、お互いの心と身体を健やかにし、楽しい日々を過ごしましょう。

レッスンの回数を6回以上とさせていただいているのは、何度も行ってしっかりとベビーヨガの

もたらす心や脳への刺激を与えてあげてほしいから。

ママも覚えることでおうちでパパにも教えてあげてくださいね。

詳しくはベビーヨガレッスンの流れをご覧ください。

また、ご参加いただく時のご注意も合わせてご覧ください。